ハンバーグを作ってみました

未分類
ナイフと紅玉

準備するもの

  1. 合いびき肉 300g程度
  2. 玉ねぎ   300g程度(炒めると200g程度になる)
  3. 卵     1個
  4. 塩     小さじ 1
  5. コショウ  少々
  6. 味の素   少々
  7. パン粉   大さじ山盛り 5
  8. ナツメグ  小さじ 1/2
  9. 焼き油   少々

玉ねぎの仕込み

玉ねぎは、丸ごと水洗いして黄色く乾燥した薄皮を剥き取ります

「みじん切り」にします(1ミリ~2ミリ位の細かい角切り)

切り終わったら、まな板と包丁は洗ってしまいましょう。

切り方は動画を見てください。(ところどころ3倍速~5倍速で再生してます)

玉ねぎを炒めて余分な水分を取る

みじん切りにした玉ねぎは柔らかくなるまで炒めて水分を蒸発させます

フライパンや鍋にサラダ油を大さじ1杯程度入れて熱したら玉ねぎを入れて、最初は強火で炒めます

1,2分炒めたら中火にして更に2,3分炒め、玉ねぎが少し焦げて茶色に色付いて来たら弱火にしてさらに4,5分炒めます

炒め終わったら皿などに移して、冷ましてからラップをして冷蔵庫に入れておきます

使い終わった器具を洗う

調理の一工程が終わった所でそこで使った器具はその都度洗って置きます。

料理を作るときは様々な器具を使いますが、後で洗おうとすると台所の「流し場」が器具で山積みになってしまい、洗うのが大変になってしまいます。

台所の清潔を保つためにも器具はその都度洗ってしまうほうがいいです。

 

ハンバーグの種を練り合わせる

炒めた玉ねぎがよく冷えたら、ひき肉と調味料を混ぜ合わせます。

玉ねぎが冷えないまま、ひき肉と合わせるのは衛生的によくありません、必ずよく冷やしてからにしましょう。

調味料を入れる順番はないので、全部を一度に加えたらよく粘り気がでるまで練合わせます

今回、ハンバーグの味や風味を出すスパイス、「ナツメグ」を準備し忘れてしまいました。

レストランで作る料理では許されないでしょうが、家庭ではこの材料が無いと出来ないということはありません多少風味は落ちますが、それなりに美味しくできるとおもいます。

動画は1分30秒程度ありますが、ちょっと我慢して見てください。(ところどころ3~5倍速)

ハンバーグを焼く前編

いよいよハンバーグを焼く工程になりました。

動画は全体で3分と長くなったので前編、後編に分けました。

前編は丸めた種をのばしてフライパンに入れるまで。後編は蓋をして蒸し焼きに仕上げるまで。にしました。

実際の焼きの全工程は8~10分程度になります

ハンバーグを焼く後編

まとめ

このブログの記念すべき第一号目の料理記事としては、「ハンバーグ」という恐ろしく地味な料理を選んでしまいました。しかも仕上がりには、付け合せも彩りもないただ焼いただけという全くインスタ映えもないものになりました。

なかには、もっと美味しくきれいに作れるよというひともいるでしょうが、このブログでは料理なんかしたことない、作ったことない、キュウリってどうやって切るんだ?、ネギは?じゃが芋は?、というお父さん方のために作って(書いて)いるので、インスタ映えの部分は無視してとにかく作ってみるから始める所に主眼を置いています。

よくテレビで、街角で若い女性に指定した料理を作らせる番組をよく見ます。うまくできる人は10人中1人か2人で意外とできない人が多いんだなと思います。ましてや、長い間会社勤めで料理には縁遠かったお父さん達なら尚更でしょう。

何度も言いますがこのブログでは「とにかく作ってみる」を実践できるよう、できるだけ細かく実際に作っている動作を中心に「見てわかる」を心がけます。お父さん達だけでなく、若い女性の方にもおすすめします。ぜひ挑戦してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました